上牧町・河合町の戸建て|株式会社ダイコー > 株式会社 ダイコーのスタッフブログ記事一覧 > 相続不動産を売却するときの残置物は撤去するべき?

相続不動産を売却するときの残置物は撤去するべき?

≪ 前へ|不動産の相続時における印鑑証明書とは?   記事一覧   不動産の購入時に知っておきたいフラット35について|次へ ≫
カテゴリ:相続

相続不動産を売却するときの残置物は撤去するべき?

相続した不動産を売却するときに問題となるのが、残置物の取り扱いです。
転居にともなう売却と異なり、家具家電などの荷物が大量に残されているケースも少なくありません。
そこで不動産を相続するときに確認したい、残置物の取り扱い方法について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

相続した不動産の残置物は撤去するべき?

残置物とは、元の住人が置いていった家具家電などの生活用品を意味します。
不動産の売却では空き家状態て引き渡すのが原則なので、基本的に残置物はすべて撤去するようにしてください。

残置物を残して売却する方法

買主の許可を得ることが出来れば、残置物を撤去しなくても売却は可能です。
しかし荷物が多いと狭く感じられたり、生活感が出てしまったりするため、そもそも売買契約が成立しにくいデメリットがあります。
また荷物の処分にかかる費用は、売主の負担となるケースがほとんどです。
そんなときにおすすめなのが、不動産会社の買取制度です。
業者に買い取ってもらうなら、処分費用を見込んだ買取価格になるため取引もスムーズに進みます。
そこで不動産を相続したときは、業者による買い取りも検討してみてください。

相続した不動産の残置物を撤去する方法

相続した不動産の残置物を撤去する方法には、おもに以下のものがあります。
荷物の量や現場の状況に応じて、処分方法を決めましょう。

自分で処分する

荷物の量が少ないときや、なるべくコストをかけたくない場合は、自分で処分するのがおすすめです。
粗大ごみで排出するときの料金相場は、1点あたり数百円から数千円程度です。
ただし家電リサイクル法対象品目(テレビや冷蔵庫など)は、粗大ごみとして排出できないため注意してください。

業者に委託する

荷物が大量にある場合は、専門業者に委託するのがおすすめです。
業者委託なら自力で搬出できない大きなものや、自治体で回収してもらえないものも処分できます。
なお信頼できる業者を選ぶときは、以下のポイントを確認してください。

●確かな実績がある
●産業廃棄物処理に関する許認可を取得している
●無料で見積もりを取れる
●対応が迅速・丁寧である

リサイクルショップやフリマサイトで売る

まだ使えるものや需要のあるものは、リサイクルショップやフリマサイトなどで売る方法があります。
処分前に荷物を減らせるため、ごみ回収や業者委託と組み合わせて利用するのがおすすめです。

まとめ

相続した不動産を売却するときに覚えておきたい、残置物の撤去方法について解説しました。
残置物は原則、すべて撤去してから売却するのが一般的です。
そこで不動産を相続したときは、まずは不動産会社へ相談してみてはいかがでしょうか。
私たちダイコーは、昭和60年から北葛城郡を中心に不動産業を営んできました。
お客様の多様なニーズやご相談にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の相続時における印鑑証明書とは?   記事一覧   不動産の購入時に知っておきたいフラット35について|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


香芝市穴虫

香芝市穴虫の画像

価格
2,140万円
種別
中古一戸建
住所
奈良県香芝市穴虫
交通
二上駅
徒歩15分

磯城郡川西町大字唐院【駐車場】

磯城郡川西町大字唐院【駐車場】の画像

価格
290万円
種別
売地
住所
奈良県磯城郡川西町大字唐院
交通
結崎駅
徒歩27分

北葛城郡河合町広瀬台1丁目

北葛城郡河合町広瀬台1丁目の画像

価格
1,680万円
種別
中古一戸建
住所
奈良県北葛城郡河合町広瀬台1丁目
交通
佐味田川駅
徒歩8分

トップへ戻る