上牧町・河合町の戸建て|株式会社ダイコー > 株式会社 ダイコーのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入するなら知っておきたい!住宅ローン控除を利用するには?

不動産を購入するなら知っておきたい!住宅ローン控除を利用するには?

≪ 前へ|不動産の購入時に知っておきたいフラット35について   記事一覧   ●期間限定20万円キャッシュバックキャンペーン●  【対象の新築一戸建てご成約いただいたお客様全員に20万円キャッシュバックキャンペーン実施中です】|次へ ≫
カテゴリ:住宅ローン

不動産を購入するなら知っておきたい!住宅ローン控除を利用するには?

マイホームの購入には高額な費用が必要です。
多くの場合は住宅ローンを組んで長期にわたって返済をしていくことになります。
そんな住宅ローンを利用する人にとって大きな節約になるのが、住宅ローン控除です。
この記事で住宅ローン控除について理解を深め、不動産購入時に役立てましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入したときに利用したい住宅ローン控除の対象要件とは

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用してマイホームを購入した人を対象にした制度です。
毎年、年末に残っている住宅ローンの1%を所得税から控除してもらえるため、住宅ローンを利用している人にとって大きなメリットになります。
住宅ローン減税の適用期間は、居住を開始してから10年間となります。
住宅ローン減税の対象となる主な要件は次の通りです。

●自分が居住するために取得した住宅である
●住宅ローンの返済期間が10年以上である
●登記した床面積が50平米以上である
●住宅取得後6か月以内に居住してそのまま住んでいる
●住宅ローン控除を受ける年の所得額が3,000万円以下である

不動産購入時に利用できる住宅ローン控除の申請方法について

住宅ローン控除を受けるためには、確定申告によって申請をする必要があります。

①書類を用意する
以下の申告に必要な書類を早めに用意しておきます。

●マイナンバーカード
●確定申告書
●住宅借入金等特別控除額の計算明細書
●住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書
●源泉徴収票
●土地・家屋の登記事項証明書
●不動産売買契約書・工事請負契約書

②確定申告書に記入する
管轄の税務署で確定申告の書類をもらい、必要事項を記入する。
確定申告のやり方や住宅ローン控除の申請についてわかりにくい場合は、税務署の窓口や市役所で教えてもらうことができます。

③還付金の受け取り
後日、還付金が指定口座に振り込まれます。
収入が給与所得のみの会社員の場合は、住宅ローン控除を利用する最初の年にのみ確定申告をすれば、2年目以降は勤務先でおこなわれる年末調整のみで、特別な手続きは不要です。

まとめ

住宅を購入するために住宅ローンを利用した場合、居住後10年間にわたって住宅ローン控除を受けることができます。
かなり大きな額を控除してもらえるので、住宅ローンを利用する場合は忘れずに確定申告をおこない、住宅ローン控除の申請をするようにしましょう。
確定申告をする場合、期間が決められています。
住宅ローン控除を申請するのに必要な書類の中には、受け取れるまでに時間がかかるものもあるので、できるだけ早めに用意しておくことが大切です。
私たちダイコーは、昭和60年から北葛城郡を中心に不動産業を営んできました。
お客様の多様なニーズやご相談にお応えいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産の購入時に知っておきたいフラット35について   記事一覧   ●期間限定20万円キャッシュバックキャンペーン●  【対象の新築一戸建てご成約いただいたお客様全員に20万円キャッシュバックキャンペーン実施中です】|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る